ミノキシジルによるにきびや鳥肌の発生

発毛剤を使う事によって何らかの副作用が発生する事がありますが、それは効果が高い成分であるミノキシジルを配合している発毛剤を使用した場合も例外ではありません。特にミノキシジルは強い成分でもありますので、副作用が発生するケースも少なくないのです。
そして副作用として発生する可能性があるのがにきびです。これは頭皮への刺激が一つの原因になりますが、ミノキシジルを外的な刺激と判断して炎症が発生してしまうような事もあります。しばらくするとにきびも収まってくるような事もあるようですが、もっと症状が悪化する可能性も否定できません。ですからにきびが発生した際には無理に使用を続けない方が良い事もありますし、また、症状が良くならないようなら早めに病院を受診した方が良いでしょう。
その他にもミノキシジルの作用によって鳥肌が発生するようなケースもあります。鳥肌は立毛筋によって発生すると言われていますが、ミノキシジルは刺激の強い成分ですので、立毛筋を刺激して鳥肌状態になってしまうような事があるのです。鳥肌の発生には個人差がありますが、しばらくミノキシジルの使用を継続した事によって耐性ができ、それによって鳥肌が発生しなくなる事もあるようです。また、にきびに関しても同様の事が言えます。ミノキシジルの使い始めの頃はにきびができていたものの、次第に発生しなくなるケースもありますし、それからはノートラブルで使用できるような事もあるのです。
しかしながらどのような作用が発生するのかは人によって違っていますし、その他の副作用が発生する可能性も十分にあります。ですから本当に使用しても安全なのか、また、使用を継続しても問題ないのかをよく見極める事が大事です。